カメの飼育日記

+*+*+*+*+*+*+*+2002年10月28日+*+*+*+*+*+*+*+

@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

シロクチドロガメのマダの甲長が1.5倍くらい大きくなりました。

なんでも食べますがクリルが一番好きなようです。

@@@@@ リクガメ @@@@@

夜は気温が下がるのでサーモスタットがきいて夜間保温ライトと底面ヒターに常に電源が入った状態です。

+*+*+*+*+*+*+*+2002年10月21日+*+*+*+*+*+*+*+

@@@@@ リクガメ @@@@@

 今までフラクタルは雌だと思っていたのですが雄でした。

温浴が終わって体を拭こうとしたときに、しっぽからペニスが出ていました。

カメのペニスって変わった形をしているんですね。

+*+*+*+*+*+*+*+2002年10月17日+*+*+*+*+*+*+*+

@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 カブトニオイガメのホワイティの甲長が5mmほど大きくなりました。

でもカブトニオイガメのゴツは餌を殆ど食べないので大きくなっていません。

いつ死んでもおかしくないくらいです。

+*+*+*+*+*+*+*+2002年10月12日+*+*+*+*+*+*+*+

@@@@@ リクガメ @@@@@

 温浴をしても糞や尿をするときはしますね。

新聞紙を全部取り替えたせいかフラクタルの落ち着きがありません。

ケージの中をウロウロウロウロ。

+*+*+*+*+*+*+*+2002年10月11日+*+*+*+*+*+*+*+

@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 コケとり名人の熱帯魚プレコの立派な背びれに噛み付いた仲間がいます。

やっぱりハラガケガメのピョコでしょうか。

+*+*+*+*+*+*+*+2002年10月7日+*+*+*+*+*+*+*+

@@@@@ リクガメ @@@@@

 ロッシの口の周りがフラクタルと同じように小松菜を食べたあとで

緑になっているので、餌をたくさん食べ始めたんだと思います。

ロッシが餌をあまり食べなかったのは夏ばてしていたのかもしれません。

+*+*+*+*+*+*+*+2002年10月4日+*+*+*+*+*+*+*+

@@@@@ リクガメ @@@@@

 小食のロッシが小松菜を食べました。

ほんのちょおとだけしか食べませんでしたが食べるだけでも珍しいことです。

@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 甲羅干しで一日を過ごしていた、すいかあたまが水の中にはいって

餌を探すようになりました。

今までは餌をやったとき、私が水の中に入れて口元まで餌をもっていっていたのですが

もうその必要もありません。

+*+*+*+*+*+*+*+2002年10月3日+*+*+*+*+*+*+*+

@@@@@ リクガメ @@@@@

 午前中は、フラクタルとロッシは保温ライトで体を温めるようになりました。

ライナーはシェルターで休んでいますが昼になると散歩を始めます。

+*+*+*+*+*+*+*+2002年10月2日+*+*+*+*+*+*+*+

@@@@@ リクガメ @@@@@

 フラクタルが下痢気味です。

まあ、いつも下痢っぽいので大丈夫だと思います。

餌も食べましたし。

@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 ハラガケガメのピョコの身体検査をしようと水の中から引き上げたら、

長い首を伸ばして何度も噛み付こうとしました。

やっぱりハラガケガメは凶暴だなあ。

でもまだ隔離せずに仲間達と同居させています。

他の仲間達をいじめることはないのですが、上に乗ろうとして時々仲間達を追いかけています。

+*+*+*+*+*+*+*+2002年10月1日+*+*+*+*+*+*+*+

@@@@@ リクガメ @@@@@

 フラクタルの体重が1.1kgになりました。

あまり大きくなりすぐても困るなあ。

やっぱり70cmくらいになるのでしょうか。

@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 水換え半月ぶりにしました。

水換えしてもやっぱりカメは特別喜ばないし変わり映えしないなあ。


過去の飼育日記
2002年 9月 8月
Copyright© 久田タカシ all rights reserved.