カメの飼育日記

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月30日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 昨日の夜に水換えしたのですが、ノコヘリマルガメのマルちゃんが水換え後に落ち着きがなく暴れまわっていました。
 120cm水槽は出来るだけ深くしていて深さが30cmあります。ドロガメだから底を歩くように移動しますが、結構深い所が好きなようです。カブトニオイガメ、カブトジャコウガメ、ミシシッピーニオイガメ、ミシシッピーマスクタートルは日中ほとんど底にいます。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 ホシガメのライナーにリクガメフードをやったのですが、全然食べなかったのでヒョウモンガメのフラクタルが食べてしまいました。ライナーは一日おきに食べています。温浴後にちょっと動いたくらいじゃお腹はすかないのでしょうか。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月29日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 久しぶりにキイロドロガメのすいかあたまがパクパクとレプトミンを食べていました。病気じゃなくてもう年なので食がほそいのかな。水換えしようと思います。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 幼体のホシガメは、かなり動物性のタンパク質がいるらしく野菜ばかり与えていると成長不良の原因になるらしいのでホシガメのライナーにはドッグフードをやる回数を多くしてみようと思います。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月28日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 カブトジャコウガメのおっさんが煮干を食べた後に糞をしたのですが、まだ煮干があるにもかかわらずシロクチドロガメのマダが、おっさんがした糞を食べてしまいました。糞は煮干よりもカメにとっては美味しいのでしょうか。ゲロゲロ。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 昨日、小松菜を食べなかったホシガメのライナーですが今日は小松菜をパクパク食べました。梅雨のまっただなかですが3匹とも元気もあり体調を崩していません。
 どんどん成長しているヒョウモンガメのフラクタルですが、甲羅の盛り上がりが気になります。カルシウムが足りないのか成長が早すぎるのか、栄養面の見直しが必要かも。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月27日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 底でじっとしているカブトジャコウガメのおっさんは、煮干に気がつくまで3分かかりました。寝ていても煮干の匂いで目をさまします。おっさんは視力のほうも結構いいのですが、最近は寝てばかりいるので視力の良さを発揮する機会がありません。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 ダイコンの葉ではなく小松菜をやったのですが、ホシガメのライナーは食べませんでした。明日も反応が悪かったらリクガメフードをやってみます。ヒョウモンガメのフラクタルとロシアルクガメのロッシは、畑でできた硬い小松菜ではなく買ってきた軟らかい小松菜だったこともありガツガツと食べてくれました。
 ライナーとフラクタルは保温ライトの下で仲良くお休みで、ロッシは新聞紙の下に潜り込んでお休みです。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月26日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 キイロドロガメのすいかあたまが、一粒しかレプトミンを食べません。時々、水の中に入るようになったのですが、ほとんど甲羅干しで一日を過ごしています。ニオイガメのコソもここ一週間、ほとんど甲羅干しして一日を過ごし餌を食べません。2匹とも鼻水を出したり、口を開けたままにしたりしていないので、見た目ではどこが悪いのか分かりません。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 ヒョウモンガメのフラクタルがパネルヒーターに下痢便を出していました。フラクタルは飼育当初から下痢便ですが食欲もあり順調すぎるほどよく成長しています。
 ダイコンの葉を食べないホシガメのライナーには今日もリクガメフードをやりました。食後は少し運動して新聞紙の下に潜り込みお休みです。
 ロシアリクガメのロッシはダイコンの葉を食べた後は適当にケージ内を散歩してパネルヒーターの上でお休みです。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月25日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 煮干を水槽に入れると底でじっとしていたカブトジャコウガメのおっさんが、おもむろにノソノソ動いて煮干を食べ始めます。飼育当初は素早く動いて小赤を追いかけていたのですが、すっかり体型もおっさんになって身のこなしもおっさんそのものです。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 ホシガメのライナーがダイコンの葉を食べないのでフードをやりました。現代っ子らしくインスタント好きで困っています。小松菜とチンゲンサイならよく食べるのですが、なぜかダイコンの葉はほとんど食べません。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月24日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 発砲スチロールで陸場を作っているのですが、発砲スチロールが水を吸収して重たくなり浮力が減って、カメが3匹くらい陸場に上がったら、5mmくらい沈んでしまいます。カメの体がカリカリに乾かないので何とかしようと思いながらも何もしてません。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 ダイコンの葉をやりましたがホシガメのライナーは3口ほどでごちそうさまです。これだから大きくならないんだろうなあ。ダイコンの葉は小松菜よりもカルシウムが多いので食べればいいのに美味しくないみたいです。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月23日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 ニオイガメのコソがいつも甲羅干しをして餌を食べなくなりました。キイロドロガメのすいかあたまと症状が一緒です。食べないのに元気がいい。すいかあたまは昨日夜遅く30分くらいバタバタと泳いでいました。すいかあたまの泳ぎ方は水槽のガラス面に向かって泳いで、遠くに移動しようと思っているのか、黙々と泳ぎ続けます。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 餌を大量にやったのですが、やっぱり残しました。ダイコンの葉は茎を残して葉っぱだけ食べました。
 ヒョウモンガメのフラクタルだけ保温ライトの下で休んでいます。フラクタルが一番寒がりなのでしょうか。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月22日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 ヨツメイシガメのヨッシーが最近餌を食べていません。動いていて元気があるので気にも留めていなかったのですが食べないなあ。
ササミをやったのですが、今まで食べたことがないミシシッピーニオイガメのロックがパクリとくわえたので、よしよしと思っていたのですが、口に入れたり出したりしてササミを小さく噛み切るだけで、全然食べていませんでした。餌で遊ばないでほしいなあ。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 フードとダイコンの葉をやりました。ホシガメのライナーとヒョウモンガメのフラクタルは新鮮な野菜よりフードの方が好きなのですが、ロシアリクガメのロッシはフードは食べないので、必ず毎日野菜を用意しなくてはいけません。ロッシは購入時にすでに甲羅がそっていたのですが、野菜しか食べないのになぜ甲羅が沿っているんでしょう。マイナーフードばかり食べていて甲羅がそってしまったのかと思っていたのですがフードは食べないので。おかしいなあ。栄養のバランスが悪くて沿ってしまったのでしょうが、いったい何を食べさせられていたのでしょうか。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月21日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 ハラガケガメのピョコがまた煮干を食べませんでした。60センチ水槽になって動かなくなり食欲もなくなりました。120センチ水槽にいる時は一日に6匹くらい煮干食べていたのに。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 畑で作っている小松菜が痛んできたので今日は腐る前にカメに食べてもらおうといつもより沢山小松菜をやったのですが、やっぱり残しました。明日、小松菜をやると当分の間、ダイコンの葉を食べてもらわなくてはいけないのですが、ダイコンの葉はあまり口に合わないようなので残すだろうなあ。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月20日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 最近、食べ残しが多くて毎日網で掃除しているのですが、シロクチドロガメのマダが網に噛み付いてきました。凶暴ではないのに、どうして噛み付くのか分かりませんが、網によく反応します。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 新聞紙がぐちゃぐちゃになっていたので、新聞紙の中に潜り込んだまま動き回ったのでしょう。
 小松菜があまりなかったのでフードもやりました。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月19日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 キイロドロガメのすいかあたまはレプトミンを1粒食べました。去年はこんなに小食じゃなかったのに。トウブドロガメのドーヴは煮干をもりもり食べていました。ドーヴも時々拒食になりますが最近は順調に食べているようです。ミシシッピーマスクタートルのマー君は食欲もあり、いつ見ても動き回って元気がありますが食べる割には成長していないようです。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 ロシアリクガメのロッシとヒョウモンガメのフラクタルは保温ライトの下で休んでいますが、ホシガメのライナーは食事の後は新聞紙の下に潜り込んで出てきません。ほとんど動かないから食も細いんだろうなあ。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月18日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 ここ1週間食べていないキイロドロガメのすいかあたまが煮干を口にくわえたので、ヤッタ!と喜んだのもつかの間、づかづかと陸に上がって食べませんでした。また長い拒食に入るのでしょうか。心配だなあ。ハラガケガメのピョコは今日も煮干を食べませんでした。あきたのかな。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 朝の温浴で糞と尿を出してくれるのですが、それでも足りずにケージの中でも出すので新聞紙が沢山いります。犬のケージにも新聞紙を引いているので、新聞屋さんから古新聞を買っています。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月17日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 トウブドロガメが産んだ去年の卵は、処分しました。今年の卵も無精卵ですけどまた来年くらいまで観察しようと思います。
 最近、ニオイガメのコソがよく甲羅干ししています。餌のほうは、殆ど食べていないようなのですが元気はあります。キイロドロガメのすいかあたまもここ5日ほど食べていませんが、よく泳いでいます。ヨツメイシガメのヨッシーも最近食べていません。いつでも食欲があるのはノコヘリマルガメのマルちゃんとシロクチドロガメのマダです。マルちゃんは最近あまり大きくなっていないようですが、マダはどんどん大きくなっています。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 気温が上がらないので3匹とも保温ライトのしたで休んでいました。  ホシガメのライナーとロシアリクガメのロッシは、あまり食べていません。この2匹は成長しないなあ、健康状態は問題ないのですが。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月16日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 餌は食べなかったんですけどキイロドロガメのすいかあたまが泳ぎまくってました。ハラガケガメのピョコも煮干を残しました。梅雨に入り気温が不安定なのでカメのほうも調子が悪いのでしょうか。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 家に帰っても保温ライトがついていたので、おかしいなと思ったらタイマーの電池が切れてました。すぐに気がついて良かった。
 ほとんどヒョウモンガメのフラクタルが食べたのですが、今日も餌を残さずに食べました。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月15日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 ササミをやりました。流木の陰に隠れていたカブトニオイガメのシロも匂いに反応して食いつきました。トウブドロガメのドーヴは匂いを嗅いだだけで食べませんでした。ササミ好きなのに。
 めっきり小食になってしまったハラガケガメのピョコですが、煮干を残すようになったのでレプトミンとローテーションでやっています。レプトミンなら7粒くらい食べています。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 ホシガメのライナーとロシアリクガメのロッシは食欲がないようですが、ヒョウモンガメのフラクタルはもりもり食べています。
 3匹とも仲良く保温ライトの下で休んでいます。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月14日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 最近大人しかったヨツメイシガメのヨッシーですが、網の蓋の穴から外をうかがっていました。脱出計画を立てていたのでしょうか。カーテンをつたってカーテンのてっぺんまで上がったことがあるほど運動能力が高いので、うっかりしていると脱走されてしまいます。今までの脱走経歴もダントツの一番ですし。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 ダイコンの葉をやりましたが口に合わないようで3匹とも味見をしただけで食べるのを止めてしまいました。夕方帰ってみると食べていたので、お腹がすいてしかたなくダイコンの葉を食べたようです。3匹とも野菜は小松菜とチンゲンサイが好きなようです。
 今日はみんな仲良くシェルターでお休みです。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月13日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 カブトジャコウガメのおっさんの身体検査をしました。少々食べすぎで手足を引っ込めたとき甲羅から肉がブヨッとはみ出します。ハラガケガメのピョコほど肥満ではありませんが、ピョコの次に太っています。甲羅の白い斑点がだんだんと大きくなって全体的に甲羅の色が薄くなってきています。でも白変種ではないようです。甲羅干ししないから色が薄くなったのでしょうか。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 梅雨に入り湿度が急に上昇して気分が冴えないのかホシガメのライナーは、二口三口で食べるのを止めてしまいました。ホシガメは結構湿度に強いはずなのになあ。
 珍しくライナーが新聞紙の陰に隠れずに保温ライトの下でフラクタルと休んでいます。今日はしっかり紫外線浴びてくれたのかな。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月12日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 煮干も食べるキイロドロガメのすいかあたまですが、ノコヘリマルガメのマルちゃんが小さく噛み砕いた煮干をこっそり横取りして食べています。そのままの煮干にも食いつくのですが、硬いみたいで自分では小さく噛み砕けません。もう年なんでしょうか。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 朝、温浴して糞、尿をだしてもらって排泄サイクルをつけていますが、サイクルが崩れました。ヒョウモンガメのフラクタルが尿を沢山出したので部屋の中は臭くてしょうがありません。甲長10cmほどのカメの尿ならかわいいものですが、21cmになるフラクタルの尿量は結構なものです。
 ロシアリクガメのロッシが夕方なのに起きてます。じっとしたまま動きませんが目を開けています。ロッシとヒョウモンガメのフラクタルはシェルターから出ていて確認できますが、ホシガメのライナーは今日も新聞紙の陰に隠れているのでしょうシェルターにもいません。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月11日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 キイロドロガメのすいかあたま以外にニオイガメのコソ、シロクチドロガメのマダが甲羅干ししていました。気温が27度くらい上がるので水の中にいるより甲羅干しして体を乾かした方が気持ちがいいのでしょうか。でも、ドロガメ科のカメは他の種のカメほど甲羅干ししないようですし紫外線もあまり必要ないみたいです。シロクチドロガメのマダを幼体から飼育していて甲羅干しはあまりしませんが甲羅はカチカチです。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 小松菜とリクガメフードをやりました。ホシガメのライナーはフードだけ食べてフラクタルは小松菜とフード両方食べました。ロシアリクガメのロッシは小松菜だけ食べました。
 ライナーは新聞紙の陰に完全に隠れてしまいどこにいるのか分かりません。朝の温浴までじっとしたまま動かずに夜を明かします。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月10日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 クリルをやりましたが、キイロドロガメのすいかあたまはレプトミンのほうが好きらしくレプトミンに食いつきました。そういえばレプトミンにレプトミンスーパーが出てますね、従来のレプトミンよりも更に食いつきがよくて偏食になる恐れがあるので注意が必要だとか。購入当初に拒食している固体に与えるといいかもしれませんね。栄養価はレプトミンよりも高く値段も少し高いです。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 よく出し、よく食べてます。3匹とも食後はシェルターに直行していますが、家に帰るとヒョウモンガメのフラクタルが保温ライトのしたで寝ているので、シェルターに出たり入ったりしているんだと思います。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月9日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 カブトジャコウガメのおっさんとカブトニオイガメのシロは、流木の陰にかくれてじっとしています。ニオイガメのコソが甲羅干しをしていたので、甲羅をなでてみたら、一目散に水の中に入りました。コソは私に全然慣れてません。手で餌をやれるのはノコヘリマルガメのマルちゃんとシロクチドロガメのマダだけです。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 ロシアリクガメのロッシが珍しくあまり餌を食べませんでした、ホシガメのライナーは普段どおり食べてます。フラクタルは相変わらずよく食べます。今日も朝の温浴でしっかり糞だしました。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月8日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 キイロドロガメのすいかあたまは、餌を食べるとさっさと陸場に上がって甲羅干ししていますが、食べる量が一定してきているので安心しています。レプトミンしか食べないヨツメイシガメのヨッシーですが食べる割に大きくなりません。今一番すくすくと成長しているのがシロクチドロガメのマダです。購入したときは甲長4cmくらいでしたが11cmになりました。
 ササミをやったのですが食いがいまいちです。ハラガケガメのピョコとノコヘリマルガメのマルちゃんはすぐに食べるのですが、残りました。
@@@@@ リクガメ @@@@@

 ここ一週間、朝の温浴でコンスタントに糞を出しています。便秘していないので体調のほうも良いのでしょう、3匹とも餌をよく食べます。
日中はシェルターに入りお休みです。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月7日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 カブトジャコウガメのおっさんは、いつもと変わりなく呼吸する時と餌を食べるときしか動きません。動かないわりに煮干はしっかり毎日4匹は 食べます。ミシシッピーニオイガメのロックとミシシッピーマスクタートルのマーくんは、底をクンクンと匂いながら歩き回ります。陸場の好きな ノコヘリマルガメのマルちゃんですが最近は、浅瀬で殆ど過ごして陸場には上がっていないようです。殆どじっとしている事の多いトウブドロガメのドーヴですが最近は時々動くようになりました。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 ロシアリクガメのロッシが、もりもりと小松菜を食べているので大きくなってくれることを期待しています。甲羅の淵のそりが治らないかと気にかけているのですが、そったままで治りそうな兆しはありません。
 ホシガメのライナーは小ぶりなのに歩く早さは、ささっさっと歩いて機敏な身のこなしです。ヒョウモンガメのフラクタルは、のしのしという感じであるきます。ロッシはダラリダラリと歩きます。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月6日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 キイロドロガメのすいかあたまの食欲が完全に回復した様子です。朝はレプトミンをパクパクと食べて夕方は煮干を2匹食べました。 相変わらず一日の殆どを甲羅干しで過ごしていますが時々水の中に入っているみたいです。一時期は、もう死んでしまうのかと思って 覚悟していたので、とても嬉しいです。
 煮干ばかり食べてレプトミンを食べなくなっていた、ハラガケガメのピョコですが、久しぶりにレプトミンをやると以前のように勢いよく レプトミンを食べました。よかったよかった。偏食になると早死にするからなあ。

@@@@@ リクガメ @@@@@

 朝の温浴の後、3匹とも小松菜を食べていました。3匹とも拒食もなく体力がついているので今年の梅雨も無事に越せそうです。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月5日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 ニオイガメのコソは煮干を食べていたのに最近はレプトミンしか食べなくなりました。ササミや小魚をやっても匂いも嗅がないし 困ったもんです。レプトミンの匂いはカメが好む匂いを研究して餌に匂いをつけているのだろうけど、すごい研究力です。 ヨツメイシガメのヨッシーも飼育当初からレプトミンしか食べないし。
@@@@@ リクガメ @@@@@

 フラクタルの体重が2.0kgになりました。
3匹ともシェルターでお休みです。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月4日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 コノシロの切り身をやると、すぐに嗅ぎつけてペロリと食べました。結構な量をやりましたが、すぐに無くなってしまいました。ノコヘリマルガメの マルちゃんは食べるのも餌を見つけるのも早くて、いつも他のカメよりも沢山たべているのでマルちゃんに見つからないように水槽の中に切り身を 入れたのですが、鼻の良さも驚異的でやっぱり今回も沢山たべました。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月3日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ リクガメ @@@@@

 最近、ライナーは食事が終わると、さっさとシェルターに入り朝まで出てきません。日光浴してカルシウムの吸収をよくして ほしいのですが、無理やりUVライトのあたるところに、いさせるわけにも行かず。あ~あと思う毎日です。
@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 餌をやる前に甲羅干しをしているキイロドロガメのすいかあたまを水の中に入れてレプトミンをやる方法で、 なんとか拒食から脱出しました。すいかあたまを水の中に入れると一度は陸に上がろうとするのですが レプトミンの匂いをかぐと反応して食べ始めます。世話のやけるすいかあたまです。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月2日+*+*+*+*+*+*+*+
@@@@@ リクガメ @@@@@

 温浴が終わってロシアリクガメのロッシの体を拭こうとしたらペニスが出ていました。これで、ヒョウモンガメの フラクタルとロッシは雄だということが分かりました。ホシガメのライナーは、まだ幼体なので雄か雌か分かりません。 ライナーは性格的には雌っぽいですけど、名前は雄っぽいですね。雄でも雌でもいいのでもうちょっと順調に 成長してほしいです。

+*+*+*+*+*+*+*+2003年6月1日+*+*+*+*+*+*+*+

@@@@@ 水棲ガメ @@@@@

 小食だったトウブドロガメのドーヴも最近は煮干を毎日食べています。キイロドロガメのすいかあたまも少しですが

レプトミンを食べました。いつもこの二匹の突然の拒食には悩まされます。外観は何も変わらないので、どこが悪いのか

よく分かりません。拒食に入ると二匹ともあまり動かなくなりますが、全く動かないわけでもありません。


過去の飼育日記
2003年 5月 4月 3月 2月 1月
2002年 12月 11月 10月 9月 8月
Copyright© 久田タカシ all rights reserved.